施工実績01 中部国際空港/セントレア

中部エリアの空の玄関、中部国際空港(セントレア)。ガラス施工の約9割を竹甚が担当しました。

中部国際空港/セントレア[全景]
建物の70%をしめるガラスウォールとトップライトを施工。ガラス総施工枚数15,000枚、ガラス施工面積延べ45,000m2。2年3ヶ月にもおよぶ作業でした。
中部国際空港/セントレア[国際線ウィング/軒天井部]
ウィングの長さ400m。高さ15mの位置に、3,000mm×1,500mm×19mm、214kg/枚のガラスを180枚施工。直接ガラスをつることができず、足場にも重量がかけられないため、専用治具を開発し、巧みなクレーン操作で取り付け完了。
中部国際空港/セントレア[ターミナルビル本館]
キャノピーを含む外部面、内部構造物(吹き抜けやスロープ、ガラスコア等)、建具等、合わせて12,000枚のガラスを施工。直接、一般のお客様の目にふれるところのため、丁寧な仕上げに心を配りました。
中部国際空港/セントレア[ガラスコア]
エレベータ、階段、ダクトを含む構造物、ガラスコア。ガラスコア1基につき、4,000mm×1,000mmのガラス(基準)を約300枚、延べ975を施工しました。

多種多様なマシンを駆使して、多彩な施工を実現しました。

小型グレージングマシン CEN-TP
セントレア・トップライトに使用。ガラスを水平に保持する事ができる様に改良。
大型バランスクレーン CEN-CW
セントレア軒天井部に使用。高さ24mに一気につりあげ、ガラス1枚1枚を正確に施工ポイントに誘導。
中部国際空港/セントレア
  • 建築面積:83,750m2
  • 高さ:30.5m
  • 東西:約500m
  • 延べ床面積:219,276m2
  • 南北:約1,030m
  • 竣工:2005年2月

このページの一番上へ