技術力

最先端の建設現場に届ける職人技と経験値。ソフトとハードの融合が、竹甚のワークステージです。

美しいガラスファサードが印象的なセントレア(中部国際空港)。そして、名古屋駅のランドマークとなるJRセントラルタワーズ、ミッドランドスクエア、名古屋ルーセントタワー…。これらの大型ガラスを安全に施工したのは、私たち『竹甚板硝子(株)』です。

ガラスの重量化、大型化にともない、建設現場の技術はますます高度化しています。最先端の設計図面に、ひとの匠と経験と独自のアイデアで応えていくのが竹甚の仕事。建設会社と職人をつなぐ、ガラス施工のスペシャリストです。
どんなガラスを、どんな手法で、いかに安全に施工できるのか?お客様とご契約を交わした瞬間から、施工、検品、お引き渡しまで、『Q(品質)・C(コスト)・D(納期)・S(安全)』のすべてにご満足いただけるよう最善を尽くすこと。それが竹甚の技術力、信頼の礎と考えています。

信頼のリレー

顧客ニーズ 情報分析(営業部) コスト提案(調達部) 施工管理(工事部) 顧客満足

安心のクオリティ

タケジンの提案力
竹甚は、特定のメーカーに所属しない、完全独立系のガラス施工専門会社です。そのため、国内3メーカーをはじめ、海外のメーカーからも選りすぐりの資材を調達可能。経費削減等に大きな力を発揮します。
タケジンの実践力
建物の設計図面から導いた、綿密な工程プランと強靭なチームワーク。作業に携わるひとりひとりが全体を把握し、技術を尽くし、状況に合わせて迅速に対応できるのは、実績豊富な竹甚ならではの施工技術ノウハウです。
タケジンの経験値
安全な作業を遂行するために、どの場面で、どんな施工機を使えばよいか?経験を積んだ工事管理者だけが、判断できるポイントです。場面に応じて新しい施工機を改良・開発できるのは、経験と発想力ゆたかな竹甚ならではの技術です。

提案力 実践力 経験値

施工実績 PICKUP これまでにない「斬新な工法への挑戦」 ミッドランドスクエア

このページの一番上へ